競馬場通りのケヤキ並木

 府中の三大ケヤキ並木を挙げるとすれば、まずは馬場大門ケヤキ並木、次に農工大のケヤキ並木、そしてこの競馬場通りのケヤキ並木となります。いずれも「府中の名木百選」と「府中30景」に選ばれた、それぞれ個性のある美しいケヤキ並木です。

 競馬場通りは、その名のとおり、東京競馬場の北縁を通る通りで、ゆったりした2車線の車道の中央分離帯にケヤキが植えられています。車道の上に広がったケヤキの枝が、夏の日差しを和らげて、心地よい通りになっています。いずれも若い樹ばかりですが、平日に訪れたならば、静かな通りに美しい樹形の並木を見ることができるでしょう。しかしくれぐれも、ケヤキを見る目的で土日祝日に訪れるのはやめておきましょう(^_^;)

 

 

 

競馬場通りのケヤキ並木

場所 府中市日吉町
交通 京王電鉄 府中競馬正門前駅 徒歩1分
樹のデータ 最大で幹周1.7m 樹高約17m
所有者 府中市・日本中央競馬会
保護制度 指定なし(府中の名木百選)

府中の名木百選選定木 府中30景の風景 Mapionで場所を確認する。


府中の樹トップページへ

「City of Woods - 杜の街 武蔵府中」のトップへ 「東京の樹」へ

Copyright(C) 1999-,ManoJuhske,All rights reserved

inserted by FC2 system